6日目(7月20日<木曜日>)偽物の水って何??

いつものように午前中はJakeraでのスペイン語レッスン。やっぱり人が少ない。同じクラスの女の子も、ものすごい低いテンションで遅刻してきた。他のクラスの人たちもなんだか皆具合が悪そう。

f:id:travelart:20170810225939j:plain

レッスンの途中、受講生全員がロビーに集められる。

何だろ?

すると責任者の男性が、まじめな表情で話を始める。

「未だかつて起きたことのない事態になった。受講生の多くが一斉にお腹の不調を訴えている。現在原因を調査しているが、ここキューバでは飲み物、特に飲み水には注意してほしい。

残念ながらハバナでは、販売しいてるペットボトルの水でも安心できないのが実情だ。水道水を詰めただけの偽物が出回っている。ボトルのキャップが未開封でも信用できない。偽物業者は未開封キャップと空ボトルとラベルを安く入手できるからだ。

偽物業者は、水のボトルが観光客に一番売れることを知っているので、巧妙な手段で偽物ボトルを作って売っている。

偽物をつかまされないためには、露店などではなくきちんとしたスーパーマーケットで買うか、5リットル入りのペットボトルを買ってほしい。

偽物業者は一番売れ筋の500mlのボトルは作っているが、あまり数の出ない5リットルボトルは作らないからだ。またボトルに印字されている賞味期限をしっかりチェックしてほしい。」ですって。

f:id:travelart:20170810224720j:plain

これがキューバで最も売れている水メーカー「CIEGO MONTERO」の5リットルボトル。私は毎回繁華街の店で買っていたので、ちょっと値段が高めで4CUC。

1週間の滞在で私はこれを3本買って、小さいボトルに入れ替えて、ポカリスエットの粉末を溶かして持ち歩いていた。

しかし、、集団で水中毒か~。

昨日もみんなプールに行ってたんじゃなくて、具合が悪くて部屋で寝てたらしい。

おそらく、ここの食事で出されていた水に問題があったのだろう。ここJakeraのダイニングルームには給水機がある。そしてここでは、受講生は皆一緒に朝食と昼食をとる。食事をとりながら水を飲んだ人たちが、一斉にお腹の調子を崩してしまったということなのだろう。

幸い私は初日にちょっと食べただけで、その後はここで食事をとっていない。水も飲んでいない。なので、私のお腹は何ともない。ふぅ~、喜んでいいのか、悪いのか、、。

f:id:travelart:20170810231500j:plain

Jakeraのスタッフはすぐに5リットルの水をたくさん買ってきて、受講生に配布している。迅速な対応は素晴らしい。

熱中症の可能性も

水が原因かもしれないと言っていたが、私は熱中症の可能性もあるように思う。具合の悪い人の症状を聞くと、下痢、嘔吐、発熱、震えなどがあり2日間寝込んでいたという。

ハバナでは昨日、39℃の観測史上最高気温を記録したそうだ。とにかく暑い。そしてエアコンの効いている場所が少ない。朝から晩まで屋内外関係なく汗をかきっぱなし。暑さに慣れていない体には相当きつい。レストランもオープンの場所が多く、食事中も暑い。

f:id:travelart:20170810234400j:plain

私は常にポカリスエットを持ち歩いて飲んでいるが、他の人たちは現地で売っている普通の水を飲んでいるだけだ。塩分とかミネラルとか汗で失った栄養分の補給ができていないのではないか。

そもそも熱中症という概念があまり無いように思う。よく見てみると、具合の悪い人たちはオランダ人、デンマーク人、アイスランド人、アメリカ人でも北部シアトル在住など、涼しい所の人が多い。

そしてどういうわけか、欧米人たちは街を歩くときも帽子をかぶらず、肌を露出して歩いて日焼けして顔とか肩とか真っ赤になってる。

日焼けすると結構体力奪われるんだよねぇ。頭に直射日光は良くないよねぇ。サングラスはしっかりかけるのに、目以外の防御が甘いよなぁ。

ということで、Jakeraのスタッフには熱中症の可能性も伝え、水分補給の際はただの水ではなく、電解質飲料の摂取をすすめておいた。そのスタッフもマラソン経験者ということで、話の内容はすぐに理解してくれた。

Jakeraのサルサダンスレッスンに参加してみる

午後はプログラムに組まれているサルサレッスンに参加。私はサルサが初めてどころか、サルサとタンゴの違いも分からない。そんな状態で無謀にも挑戦。

鏡の前でリズムに合わせて超基本ステップの練習。それすら上手くできない。。

f:id:travelart:20170811000556j:plain

超基本すらままならないのに、次は女性のパートナーと組んでステップの練習。

いや、その、ステップ云々より、いきなりキューバンガールの手を握って、背中に手をまわして、体を引き寄せたりする、それができまへん(笑)。

何度も背中にまわした手の位置を直されながら、ステップの練習を続ける。手、どこに置けばいいんだよ。。そこから教えてくれ。

しかも相手の女の子の顔が近い。これが普通なんだろうけど近い。小っちゃくて、カワイイ顔が近くにあるよ。あまりこっちの顔を見ないでくれ。。

見つめ合うわけにもいかないので、私の目線は常に背後の鏡。無様すぎる。。

同じステップを繰り返し練習。何とかステップだけはできるようになる。そしてまた急に段階が進み、今度は相手の子が仰向けに倒れこむのを抱きかかえる感じにポーズをとる練習。

日本の田舎ッぺには無理だって!どこまで接近していいのか分からんのよ。

すると、先生が突然音楽をかけて自由に踊れと。無茶ぶり過ぎる。そんなこんなで、あっという間の1時間。レッスンが終わるころには汗だく。

レッスンに参加した感想「女の子と練習できて楽しいけど、一生かかっても私がカッコよく踊れるようにはならないだろう。」

キューバ名物料理をオシャレに

夕食の場所を探して歩いていると、スペイン語レッスンの友達に会い、Casa Jakera近くの「Lamparilla Tapas & Cervezas」に入ってみた。

ここではキューバ名物「仔豚のロースト(cerdo mamón)」を注文。仔豚のローストと言ったら、香港でよくある丸焼きの状態を想像していたけど、出てきた料理はこんなオシャレなやつ。

f:id:travelart:20170811012221j:plain

ローストした豚肉を刻んで、丸く筒状に盛り付けてある。小さく見えるけど、ボリューム満点。この他に黒豆ご飯も注文したら、結局食べきれず。味は文句なく美味しい。値段は他のメニューよりちょっと高めの12CUC。

ウェイトレスさんたちも英語で元気に接客していて、観光客が多く集まるのも納得のレストランだ。

 

スポンサーリンク